【化粧品厳禁】紫外線を浴びた後のアフターケアはトマトでできる

うっかり紫外線を浴びて日焼けしてしまったり、紫外線の多い日なのに1日中外出していた時などにおすすめの紫外線アフターケアを紹介します。

日焼けをしてしまった時などは、どうしても何か肌に塗り込みたくなると思いますがその必要は全くありません。

むしろ何か肌に塗ることは炎症を悪化させ、肌の老化を促進してしまうので絶対にやめた方がいいです。

そんなことよりも紫外線を浴びた後に有効なアフターケア方法があります。

このケアは夏はもちろん、1年中行うことで肌を綺麗に保ったり、老化を防ぐためにかなり効果的です。

紫外線を浴びた後にするべきこと

今日は紫外線をたくさん浴びたなと感じた場合は以下のことをやってください。
(なお、日焼けをして肌が赤くヒリヒリする場合は冷たいタオルを当てて患部を冷やしましょう。)

  1. リコピンを摂取する
  2. α-リノレン酸を摂取する
  3. ゴールデンタイムに睡眠をとる

なぜこれらが紫外線を浴びた後に有効なのかを1つずつ説明していきますね。

紫外線アフターケア① リコピンを摂取する

トマトに多く含まれるリコピンは紫外線を浴びる前の予防にも、浴びた後のケアにも効果を発揮します。

紫外線を浴びる前にリコピンを摂れば日焼け止め効果があり、

紫外線を浴びた後にリコピンを摂れば肌のダメージを修復してくれる効果があるのです。

紫外線に当たると、体内に活性酸素が発生し細胞を酸化させ黒く褐色し、これがシミやシワ、肌の老化の原因となります。

この活性酸素をやっつけるのが抗酸化物質なのですが、この抗酸化物質はトマトのリコピンに非常に多く含まれています。

さらにトマトにはビタミン類(抗酸化物質)も多く含まれていて、活性酸素を除去するのに非常に適しています。

活性酸素を除去することができれば一般的な紫外線予防、紫外線対策をするのと同じことになります。

これは近年注目されている「飲む日焼け止め」と同じ理論です。

紫外線が多く降り注ぐ夏は、抗酸化物質の多い野菜や果物が旬になる季節でもあるのです。

これは自然界の恵であり、季節の食べ物というのはその季節を乗り越えるために作られるので、夏には夏の食べ物をたくさん食べると紫外線の影響を最小限に止めることができますよ。

紫外線を浴びた後のリコピンの摂り方

私は夏になるとトマトが旬になるので、積極的にトマト(夏野菜)を食べます。

紫外線を浴びやすい夏はどうしても体内の活性酸素が多くなってしまうので、リコピンとビタミンの多いトマトは1日の始めと終わりに摂取して活性酸素をなかったことにしています。

ここで、私がおすすめする抗酸化力を高めるトマトスープのレシピを紹介します。

トマトはジュースにして飲む人もいますが、トマトは陰性の野菜なので非常に体を冷やします。

なのでトマトは温めて飲んだ方が体も冷えずにむのでスープの方がいいと思います。

さらにトマトは油で加熱することで栄養が体内に吸収されやすくなるのでやはりスープにするのが一番効率が良いのです。

スープなら朝でも夜でも簡単に飲むことができるし、そのまま食べるよりもサラッとお腹に入ります。

そして普通のトマトではなく、ミニトマトを使用したのはミニトマトの方がリコピンの量がはるかに多いからです。

材料
自然栽培のミニトマト・・・400g
自然栽培のたまねぎ・・・1個
ミネラルウォーター・・・200cc
EXバージンオリーブオイル・・・適量
海塩・・・適量

作り方
① 鍋にオリーブオイルをたらし、みじん切りか薄切りにしたものを炒めます。(焦げないように!)

② たまねぎがしんなりしたら、ミニトマトをすべて投入して潰していきます。

③ ミニトマトから水分が出始めたら、ミネラルウォーターを200ccほど足しましょう。

④ 塩を適量入れて、煮込んでできあがりです。

紫外線の多い夏はぜひ毎日飲んでみてください。

紫外線アフターケア② α-リノレン酸を摂取する

なぜα-リノレン酸を摂取するべきなのかと言うと、α-リノレン酸は体の炎症を抑えて、細胞膜を修復する働きがあるからです。

紫外線を浴びた後の細胞は活性酸素によってダメージを受けているので、α-リノレン酸が活躍します。

α-リノレン酸と聞くと、えごま油や亜麻仁油を思い浮かべると思います。

たしかにこれらにはα-リノレン酸が豊富に含まれていますが、これらのオイルは非常に酸化が進みやすく品質の保持が大変です。

もしこれらを摂取する場合は高品質なもので、加熱せずに生で食べるようにしましょう。

しかしα-リノレン酸が含まれているのはオイルだけではありません。

えごまは葉っぱそのものを食べるのもいいですし、くるみや枝豆、緑茶にもα-リノレン酸が多く含まれています。

紫外線を浴びた夜に緑茶(ただし自分で煎じる)を飲むと有効です。

市販の緑茶は添加物だらけで栄養はほぼ含まれていないので注意です。
『ペットボトルのお茶』は安全か?原材料にある謎のビタミンCの正体とは?

紫外線アフターケア③ ゴールデンタイムに睡眠をとる

ゴールデンタイムとはだいたい22時〜2時のことを指します。

このゴールデンタイムの時間帯に眠ると成長ホルモンが分泌され肌の細胞を修復してくれます。

肌は正常なら4週間のサイクルで下にいる細胞が押し上げられ、肌は生まれ変わりますが、成長ホルモンによる細胞の修復がない場合は、この生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが乱れてしまいます。

紫外線を浴びたあとは色素沈着を防ぐためにもターンオーバーを正常にしてあげなければいけません。

紫外線をたくさん浴びた日はとくに意識してゴールデンタイムに睡眠を取るようにしましょう。

紫外線を浴びたからと言ってやってはいけないアフターケア

紫外線をたくさん浴びたあとは、保湿しなきゃと言って化粧水を大量につけたり、パックをしたり、美白用の化粧水をつけたりと色んな無駄なことをしてしまいがちです。

気になるのはわかりますが、過剰なスキンケアは肌バリヤを破壊して乾燥肌やシミやシワなどを誘発します。

世間ではいいとされている紫外線アフターケアは化粧品業界が金儲けのために作った常識です。

以下のようなことは絶対にしないでください。

  • ホワイトニングジェルを塗る
  • 美容成分で潤いを与える
  • 目元のシワ取りクリームをつける
  • サプリを飲む
  • とにかく何かを塗る

これらは肌バリヤを壊し、紫外線をさらに吸収しやすくしてしまいます。

 

肌バリヤについて詳しくはこちらの記事をお読みください。

肌バリヤ機能を破壊する行為と正常化すると得られる効果まとめ!角質を取ると肌は終わる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です