理想の便の色・量・太さ・回数を知ってる?便の状態はあなたの状態!

「ちょっと緩いけど一応毎日出てます!」
「硬くてふんばらないと出ません!」
「毎日は出ないけど便秘の自覚はありません!」
「とにかく便秘で全然うんちが出ません!」

こんな人たちは全員便秘です。

便というのはあなたの健康状態を知るためのバロメーターです。

さらに便は腸内環境を表しているので、うんちの状態によってあなたの腸内環境を知ることもできます。

理想の便や排便はどんなものなのかを知らずにいると、便秘の状態が続いたり様々な原因不明の不調と戦わなければいけないことになります。

あなたがもし健康や見た目の美しさ、若さを手に入れたいと思うならまずは理想の便を出すことから始めてみてください。

「便秘」の本当の意味

便秘はうんちが全く出ないことでしょ?と認識している人が多いですが、実際には便が出ていても便秘であることが多いのです。

全く便が出ない人は明らかに便秘であることは間違いありませんが、それ以外では「理想の便」が出ていないことも便秘と呼ばれます。

一応便が出ている状態の人はかなり多く、自分が便秘であると自覚していない人も多く存在します。

こういうのを放っておくと、腸内環境が悪化して排便ができなくなってしまい、さらには多くの病気を引き起こします。

便の状態であなたの悪いところがわかる!

細々としている便

腸が閉塞傾向にあります。

ストレスを抱えて自律神経が乱れていると、腸が収縮して腸管がうまく広がらず細くなってしまうことがあります。

硬くてコロコロしている便

便の水分量が足りていません。

便のほとんどは水分でできていて、この水分量が60%以下になると便が硬くてほぐれやすくなってしまい、コロコロとした小石のような便になってしまいます。

黒い便

いかすみや海苔などの黒いものを食べたり、特別なこと(薬など)をしていない限り、便が黒いのは腸内に悪玉菌が多い証拠です。

悪玉菌は便を黒くする性質があります。

赤い便

赤い食べ物を食べていないのに赤くなっている場合は、ちょっと要注意です。

続く場合は大きな病気の可能性もあります。

考えられる病気は、痔・大腸ガン・クローン病などで、出血を起こしている場合があります。

下痢もしくは軟便

食物アレルギーの反応が出ていることがあります。

唐辛子などの刺激物を食べたりすると下痢になるように、ちょっとした食物アレルギーが考えられます。

または悪玉菌の増殖によって、腸内の水分吸収機能が低下してそのまま水がそのまま排泄されてしまうこともあります。

ずっと下痢や軟便が続く場合は後者の可能性が多いです。

異常な便は全て悪玉菌が原因

とにかく、便が異常な場合は腸内に悪玉菌が多くなっているからです。

悪玉菌が多いと便秘はもちろん、排便になんかしらの影響が出始めます。

まずは悪玉菌を減らして、善玉菌増やす努力をしないとあなたの体調はぐんぐん悪くなっていってしまいます。

では一体、理想の便はどんなものなのかを知ることから始めましょう。

理想の便ってどんな便?

理想の便はわかりやすく言うと、バナナです!

こちらが健康で腸内環境が整っている誰もが憧れる理想の便です。

理想の便
黄色〜茶色
300〜400g(1日)
太さ 2cm程度
長さ 10cm程度
回数 1〜2回
柔らかさ 柔らかいが形になっている
その他 ・トイレが臭くならない、無臭
・一回で拭き取れる
・力まずにスルッと出る
・残便感がなくスッキリする
・水に浮かんでいる
・S字になっている(超理想)

理想の便は黄色っぽい茶色

赤ちゃんの便は黄色っぽいことが多いですよね。

赤ちゃんは善玉菌が多いので黄色のうちんが出るんです。

なので便の色は善玉菌が多い(黄色)のか、悪玉菌が多い(黒い)のかが判断できます。

理想の便は水分量が多く柔らかい

健康的な便の水分量は80%ほどとされていて、かなり水分量が多く、柔らかいです。

その他は食べカスや腸内細菌の死骸が占めています。

死骸が出ると言うことは、腸内環境にたくさんの細菌がいるという証になります。

理想の便はバナナ2本分の量

また、1日に出したい便の量は200〜300gです。

皮を剥いたバナナが約120g程度なので、これを2本〜2.5本くらいを目安に出さなければいけません。

普通は2回ほどに分けて排泄されると思うので、1回の排便ではバナナ1本くらいは出ないといけないということですね。

これは結構な量になると思うので、1日にバナナが2本出ていない人は自分が便秘と自覚した方がいいです。

理想の便は臭くない

うんちは臭い!と思っている人が多いですが、実は健康な便は臭くありません。

おならや便が臭い人は腸内環境が悪玉菌優勢になっていて、食べカスが腸にいる時間が長くなります。

なので腸内で食べカスが生ゴミのように悪臭を放ちます。

健康な人は善玉菌が多いので、食べカスが腸内に留まる時間が短いため腐敗が進まず、全然臭くありません。

しかしニンニクなどの臭い食べ物を食べると、その臭いが便に現れますがこれは悪玉菌とはまた違う臭いなので大丈夫です。

理想の便は力まないでも出る

さらに理想的な便は水分が多く柔らかいので、力まないでスルッと出すことができます。

トイレの時間が長かったり、力まないと出ない人は便の水分量が足りていないか、腸の蠕動運動が弱まっているのが考えられます。

 

自分の便は毎回必ず観察してください!
自分の便はあなたの体の状態を表しています!

おならが臭いのも問題!

おならが臭い人は腸内で腐敗が起こっている証拠です。

私たちは口からたくさんの空気を吸い込み、それはほとんど血液に吸収されますが、おならという手段を使って外に出すこともあります。

腸内で悪玉菌が多いとアンモニアなどの強烈な臭いのガスを発生させおならは臭くなり、逆に善玉菌が多いと無臭の二酸化酸素や水素などが作られるのでおならが臭くなりません。

こういう人は”すかしっぺ”の人が多く、いわゆるガス漏れが起こっています。

健康な人のおならは音が出て臭いがしないのです。

理想の便を出す方法

理想の便を出すには、食生活を整えていかなければいけません。

便秘の人はもちろん、理想の便を出していくためにはこちらを実践してみてください。

早い人は3日ほどで効果が出る最強の食事法です。

>>「何をやってもダメだった人が長年の『便秘』を3日で解消した食事方法(献立付

今から自分の便を改善していき、芸術的な便を出していきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です