添加物よりも危険な『たんぱく加水分解物』とは?毒薬から生まれる “美味しさ”の秘密

加工食品などでよく見かけるものの一つに「たんぱく加水分解物」というものがあります。

市販のラーメンやお菓子などにはまず間違いなく入っています。

なにやら難しい名前なので、一見怪しそうに見えますが、

実は、かなりハイレベルな怪しいものとなっています。

たんぱく加水分解物って一体なんなのか、どんな危険性があるのかを説明しているのでぜひ最後までお読みください。

【1】たんぱく加水分解物は食品添加物ではない

たんぱく加水分解物は意外にも食品添加物には指定されておらず、食品に分類されています。

加工食品にはかなりの確率で登場しているので最初は添加物だと思っていたのですがどうやら分類上は食品になっているみたいですね。

そしてこのたんぱく加水分解物を簡単に言うと「旨味成分」です。

日本人はとくにラーメンが大好きですが、このラーメンのスープによく使われるのがたんぱく加水分解物です。

たんぱく加水分解物は何でできているのかというと、肉や魚、大豆、小麦粉などのたんぱく質です。

それらたんぱく質を分解してできたアミノ酸がたんぱく加水分解物と呼ばれるものです。

【2】たんぱく加水分解物は日本人が大好きな味になる


このたんぱく加水分解物は、変幻自在に日本人の好みの味になれるからすごいのです。

このたんぱく加水分解物は、塩や化学調味料と一緒に入っていることが多く、味の黄金トリオとも呼ばれています。

この3つが合わさると、とんでもない人工的な美味しさが生まれてしまうのです。

例えば、塩水はそのままだとしょっぱくて飲めたもんじゃありませんが、ここに化学調味料とたんぱく加水分解物を混ぜればあっという間に「激ウマ!」な味になってしまいます。

そんなたんぱく加水分解物、怖いのが作り方なんです。

【3】薬品で作る「たんぱく加水分解物」の怖い作り方

1つは酵素を使ってたんぱく質を分解する方法、そして2つ目は塩酸を使ってたんぱく質を分解する塩酸処理法という方法です。

後者の方が手間も時間もかからないため、ほとんどの場合は塩酸処理でたんぱく質を分解していきます。

しかしこれがヤバいのです。

使われる大豆はもちろん油を抜き取った脱脂大豆(大豆カス)です。

肉はどこの誰の肉かもわからない、本来は捨てるべき部分を使用します。

要は、たんぱく質が微量でも残っていればこのたんぱく加水分解物は作れるので、捨てるべきもので事足りるというわけです。

これらゴミ同然の食品を塩酸につけるとたんぱく質が分解され、アミノ酸がとれるのです。

このアミノ酸こそたんぱく加水分解物、人工旨味成分です。

【4】たんぱく加水分解物の3つの健康被害

このたんぱく加水分解物、色々とツッコミどころはあるものの、とくに気になるには健康被害だと思います。

① 大量の発ガン性物質

製造工程でとくに問題視すべきは塩酸を使うということです。

塩酸は洗浄剤として使われることが多く、農薬なんかにも使われます。

気持ち悪いのがトイレ掃除の薬にもよく使われるというもの。

塩酸はそもそも劇薬で日本の毒物法でもそれに指定されています。

塩酸を使用することで塩酸化合物というものが生まれてしまい、これが私たちの体にとって非常に危険な物質になります。

よく、添加物は発ガン性があると言われていますが、カテゴリー上食品とされるたんぱく加水分解物はそれをはるかに上回る発ガン性物質があるとされています。本当に怖い。

② 味覚の破壊

発ガン性物質と並んでもう一つ怖いことが、味覚障害です。

たんぱく加水分解物はあくまで人工的に作り出された幻の旨味成分です。

この味を一度覚えてしまうと、たちまち病みつきになってしまい、まるで麻薬中毒者のようにたんぱく加水分解物中毒になってしまいます。

たんぱく加水分解物はカップラーメン、スナック菓子はもちろん、体に悪そうには見えない食品にだって入っているので、避けようがないと言えば避けようがないのですが・・私たちの口に入る機会がものすごく多い分、偽物の旨味成分は意識的に摂取しないように努めてください。

そんな人工的なものばかりを食べて生きていると、本当の美味しさ(自然の旨味)を感じることができる感覚すら失ってしまうのです。

そして自分の子供がそういうものを食べて大人になれば、将来は偏食になり添加物や化学調味料が入っているものしか食べられなくなってしまいます。

味覚が狂ってくると水を飲んでも「辛くて飲めない!」となるほど怖い病気なんですから。

③ アレルギー反応

お話した通り、たんぱく加水分解物は肉、魚、大豆や小麦が主に使われています。

これらのアレルギーを持っている人は、加工食品を基本的に食べることができません。というかやめておいた方がいいです。

たんぱく加水分解物がなんだかわからない人がついこれを食べてしまうとかゆみが出たり、ひどい場合は意識を失ってしまう恐れもあるのです。

私はこれらアレルギーには該当しないものの、重度のそばアレルギー持ちなので、もしたんぱく加水分解物がそばでできているとしたら口に入れた瞬間喉が狭窄すると思います。

なぜかアレルギー食品を食べていないのにアレルギーのような症状が出ているとしたら、気づかないうちにアレルギー物質を摂取している可能性があります。

そういう方はとくに加工食品全般を断ち切ることをおすすめします。

たんぱく加水分解物は「天然」を謳っているのでタチが悪い

もうどんだけ意地が悪いんだと思うところは表記マジックです。

たんぱく加水分解物はあくまで食品に分類されるので「天然だし」とバカでかく表記しているメーカーもいます。

だって添加物じゃないしー、食品(大豆カスや使えない肉)から出た旨味なんだから、天然でしょ?みたいなドヤ顔で天然と言い張ってきます。

 

そして無添加表記にもかなり注意した方がいいです。

こちらは「無添加」とデカデカと書いてある市販のかつおだしです。

写真

原材料を見てみると・・

ぶどう糖、乳糖、食塩、かつおぶし粉末、たん白加水分解物、酵母エキス、かつおエキス粉末、(原材料の一部に小麦を含む)

はい、いました。(笑)

こういうメーカーの表記トリックにはくれぐれも気をつけましょう。

そしてやっぱり加工食品は信用しないで。まじで!

 

ー参考文献ー
「食品の裏側 みんな大好きな食品添加物」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です