下半身の水分を追い出しむくみを取り除く食べ物

下半身太りはなんと言っても、水分です。

余分な水分をジャンジャン取り込んでしまったためにあなたの足は太くなっています。

男性には少ない足太りですが、女性は水分を溜め込む性質があるため、重力によって足の方に水分が溜め込まれてしまいます。

なので、下半身痩せや足を細くしたりする場合には1にも2にも水分を追い出すことから始めなければいけません。

脂肪燃焼よりも、水分を取ることが大切なのです。

水分を追い出す一番の近道は「水分を追い出す食べ物」を食べることです。

食塩(ナトリウム)がむくみの元になっている

あなたの家で使っている塩はもしかしたら塩化ナトリウムかもしれません。

ナトリウムというのは、体内の水分バランスを調整する働きがあるのですが、このナトリウムはカリウムなしでは働くことができないミネラル成分なのです。

カリウムとナトリウムはどちらがいいという話なのではなく、どちらも体には必要な必須ミネラルです。

しかし一般的な食生活ではナトリウム過多、そしてカリウム不足になりやすいのが問題です。

この2つのバランスが崩れると、正常な水分調整が困難になり、やたらと水分を溜め込んで「むくみ」として現れてしまうのです。

とにかく塩分(ナトリウム)の摂取は控えて、カリウムをたくさん摂ることができれば水分バランスを正常に戻すことができ、余分な水分や老廃物を排泄することができます。

とにもかくにもカリウムを

ナトリウムとカリウムの理想的な割合は「0.6:1」です。

つまりナトリウムよりもカリウムが断然必要なのです。

なのに意識しないとカリウムは不足して、必然的にナトリウムの多い食事になってしまいます。

塩分を減らしつつ、カリウムの摂取を多くしていく努力をしましょう。

カリウムの多い食べ物

アボカド

アボカドは食物繊維やビタミンも豊富なので美容にもいい食べ物です。

アボカドはたいてい生で食べるので加熱によってカリウムが失われることもありません。

ひきわり納豆・納豆

ひきわり納豆は普通の納豆よりもややカリウムが多めです。

切り干し大根

普通の大根を食べることもむくみ解消には有効ですが、切り干し大根にすることでカリウムが数倍に膨れ上がります。

切り干し大根の煮物などを積極的に食べるといいでしょう。

アスパラガス

利尿作用の他にも様々な栄養素を持っているアスパラは美容には欠かせない野菜になります。

アスパラは先端にアスパラギン酸という抗酸化物質が含まれていて、これは熱に弱いので茹でる時は頭が湯につからないように茹でましょう。

きゅうり

きゅうりはカリウムを多く含んでいて、血流をスムーズにすることにも有効なのですが、なぜかビタミンCを破壊する性質も持っているので、ビタミンCと一緒に摂取するのはやめましょう。

かぼちゃ

カリウムの他にもビタミンCも多く含んでいるかぼちゃは、解毒作用もあるのでむくみ解消にはぴったりな食材です。

あずき

利尿作用のあるあずきは水分の排泄に向いています。

あずきは皮の部分と中身にサポニンという老廃物を排泄する栄養素が含まれているので皮の部分もちゃんと食べるようにしましょう。

これらの食べ物もカリウムがたっぷり!
セロリ、大和芋、里芋、焼き芋、にんにく、昆布、わかめ、とろろ昆布

むくみを解消する意外な食べ物

カリウムがむくみ解消に効果的なのは結構有名な話ですが、もう一つ大切な栄養素があります。

それがタンパク質です。

なぜタンパク質がむくみ解消に効果的なのかと言うと、血中にあるタンパク質の濃度というのは、一定に保たれていてこれが不足してしまうと、血中の水分量がバランスを保とうとして血管の外に漏れ出してしまいます。

この水分が細胞と細胞の間に溜まって、むくみへと変貌します。

水分を血管外に出さないためにも、タンパク質が不足しないようにしてください。

良質なタンパク質とは?

よく聞くのが良質なタンパク質です。

良質とはアミノ酸が多く含まれているタンパク質のことで、これは動物性のタンパク質がそれにあたります。

つまり、肉や魚、乳製品のことで、これらは植物性のタンパク質よりもアミノ酸のバランスが優れているのです。

むくみ解消にお肉を食べれるなんてちょっと嬉しいんじゃないでしょうか?

しかしこれらは食べすぎても余分な栄養素を摂ることにも繋がるので、適量を毎日食べるようにしましょう。

適量なタンパク質量とは?
1日に必要なタンパク質とは、自分の体重1キロに対して1グラムです。

私は体重が45キロなので、1日に45グラムのタンパク質が必要になると言うことです。

牛ヒレ肉100gに含まれているタンパク質量は約20gです。

なので牛ヒレ肉なら200g程度が必要になります。

タンパク質はこれより摂りすぎてもあまり問題はないのですが、タンパク質を多く含む食材の他の栄養素などの過剰摂取になるので注意しましょう。

カリウムと動物性タンパク質でむくみ解消

この2つによって体の水分を取り除くことができます。

塩分を溜め込まないように、塩分の多い加工食品や外食の味付けにはくれぐれも気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です