毎日のひどい片頭痛をたった3日で治したウソのようなスムージーのレシピを教えます

お医者さんのほとんどが原因を特定できないと言われている「片頭痛」は治療法がほとんど見つかっておらず、病院へ行っても生活習慣を見直せくらいにしか言われないと思います。

片頭痛を抑える薬がないと1日を過ごせないほど辛い頭痛に悩まされている人も多いですが、その薬を毎回飲むことで耐性ができてしまい効果がなくなり、またさらに強い薬を飲むことになるという悪循環ができてしまいます。

健康オタクの私は、片頭痛を治す方法は絶対にあると信じていたので、まずは本屋さんで片頭痛についての本を探しに行きました。

そして一番いいなと思ったのがこの本です。

(本の写真)

「片頭痛は治せる!」という単純な謳い文句に惹かれて購入してみたのですが・・・

これが大正解でした!!

ひどい片頭痛に悩んでいる弟を実験台に、本に書いてあることを実践した結果、本当に弟の片頭痛は面白いくらいにおさまったのです。

毎日頭痛に悩んでいた弟が、低気圧の雨の日ですら今は元気に過ごすことができているのです。

何をしたかと言うと、この本に書かれていた片頭痛に効果的だという「万能ジュース」というもの作って飲んで、2日後には偏頭痛が起きませんでした。

さらに3日後、4日後、この万能ジュースなしでも片頭痛が起きませんでした。

しかし5日後は新幹線で移動をしたせいか片頭痛が起きました。

今は、この万能ジュースを3日に一回ほど飲んでいている弟は片頭痛はほとんど起きていません。

なったとしてもすごく軽〜くという感じになったそうです。

あなたやあなたの周りの人がひどい片頭痛に悩まされていたら、この即効性のあるこの万能ジュースを試すさないのは損ですよ!

【1】片頭痛が治る!万能ジュースのレシピ(本よりわかりやすく説明)

この万能ジュース、実は食品添加物を使わなければいけません。

それがビタミンCとクエン酸です。

なのでこのジュースによって片頭痛が治ってきたら、こちらの添加物はなしで作った方がいいでしょう。

とは言っても、ビタミンCとクエン酸は薬にも配合されているので薬を飲むよりはマシだと思っていてください。

この2つは比較的体への影響が少ない添加物なのでそこまで気にしなくてもOKです。

それより今は片頭痛を治すことが第一です。

では、お待ちかねの万能ジュースのレシピを、本よりもはるかにわかりやすく説明していきたいと思います。

材料(1人分)

  • 水・・・50cc
  • りんご・・・1/2個
  • にんじん・・・1/2個
  • バナナ・・・1/2個
  • アスコルビン酸原末(ビタミンC)・・・3g
  • クエン酸(食用)・・・3g
  • フラクトオリゴ糖・・・17g
  • 亜麻仁油・・・大さじ1杯
  • EXバージンオリーブオイル・・・大さじ1/2
  • 塩化マグネシウム水溶液(にがり)・・・5ml
  • すりゴマ・・・小さじ1/2

その他用意するもの

  • ミキサー
  • 15ccスプーン
  • 1ccスプーン
  • 小分けパック
  • すり鉢

ミキサー以外は100均で揃います♪

作り方

  1. りんごの皮はそのままにして、芯だけくり抜き小さく切る。
  2. にんじん、バナナもミキサーにかけられるくらい小さく切る。
  3. 粉末類であるビタミンC、クエン酸、フラクトオリゴ糖はあらかじめ測って写真のように小分けパックにしておきましょう。(これなら手間が省ける!)
  4. ミキサーにバナナ、水、にがり、亜麻仁油、オリーブオイル、粉末類を入れてミキサーにかけます。
  5. ドロドロができたら、今度はりんごを入れていきます。
  6. りんごがドロドロになったら、にんじんを入れます。
  7. 仕上げにゴマをすり鉢で擦って、このスムージーの上にかけます。

 

ポイント①:ジューサーではなくミキサーを使う

ジューサーは栄養分をほとんど剥ぎ取ってしまうので、必ずミキサーを使うようにしてください。

ポイント②:果物は細かくして入れる

スムージー作りに慣れている人ならわかるかもしれませんが、ミキサーに材料を全部入れたり、果物などが大きいと全然混ざらなくて焦ります。
果物はなるべく細かく切って、柔らかいバナナからミキサーにかけて液状を作り、次にりんごを加えてさらに液状にして、最後に固いにんじんを入れて混ぜましょう。

ポイント③:作り置き厳禁

本に書いてあったのですが、作り置きはできません。
酸化が進みやすいので果物やにんじんもその都度切ってください。

ポイント④:ゴマも必ず擦ってください。

粒のままだと体内に栄養がほとんど吸収されないので意味がないです。
擦り置きと擦りたてでは栄養価は変わりませんが、擦りたての方が香りがいいです。

ポイント⑤:果物と野菜は無農薬がおすすめ!

りんごは皮ごと使うので、無農薬・無肥料タイプのものを必ず使ってください。
にんじん、バナナも無農薬・無肥料の自然栽培を使うことで、このスムージーの効果は倍増することでしょう。

【2】どうしても朝が忙しくて作れない!そんな時は

作り置きや、材料をあらかじめ切っておくことはできないのでどうしても手間がかかってしまうというのがこのスムージーのデメリットです。

そこで私が編み出したのがスムージーアイスキャンディー!!

スムージーを作ったら、このようなアイスパックを用意して流し込み冷凍庫へ。

朝にこれをボリボリかじればスムージーを飲んでいるのとあまり変わりません。

そもそもクエン酸やビタミンCは酸化を防いで保存するための添加物なので、果物たちの栄養も保ってくれます。

その証拠に1週間このアイスキャンディーを食べてもらっても、スムージーの時と体調は変わりませんでした。

しかしアイスを食べるとお腹が冷えるのでその辺は工夫してください。

【3】この万能ジュースの効果をさらに高める方法

このジュースを飲むにあたっていくつか気をつけなければいけないことや、片頭痛をもっと早く、確実に治していく効果的な方法も説明していきます。

効果を高める①:朝はこのスムージーだけにする

毎朝きちんと朝食を取っている人は、スムージーだけだとなんだか味気なく感じてしまうと思いますが、スムージーの栄養をより吸収できるように他の食材と一緒に食べるのは控えてください。

効果を高める②:ゆっくり食べるようにして飲む

ジュースと言っても、かなりドロドロのスムージーになるので飲むというよりは食べるというイメージです。
量も結構多いので、朝はこれをゆっくりスプーンでいただきましょう。
ゆっくり食べることでスムーズに消化ができて胃腸にも負担をかけません。

効果を高める③:昼まで何も食べない

朝にこのスムージーを飲んだ場合は、消化器官を休ませるためにも昼までは何も食べない方がいいです。
というか、このスムージーはかなりお腹にたまるし、栄養価も高いので昼までお腹が空かずにすみますよ。

効果を高める④:片頭痛の薬は一旦止める

薬を飲んでいるとこのスムージーの効果を測るのに邪魔になってしまいます。
辛いかもしれませんが、薬は一旦止めてスムージーだけにしてみてください。
なるべく薬は飲まない方が好ましいので、薬を断つためにも徐々に減らしていってください。

【4】片頭痛解消以外にもこんな効果を発揮した

片頭痛を解消する目的で飲んでいるこのスムージーですが、実は片頭痛解消だけではなくあらゆる変化をもたらしました。

効果①:便が固くなり快便になった

弟はずっと下痢だったみたいなんですが、このスムージーを朝に飲むようにしてから、ゆるかった便が固くなって朝から快便で体調もよくなったと言っています。

効果②:ダイエットしてないのに減量に成功

便秘が改善されたのもあり、微量栄養素のビタミンやミネラルを摂取しているからか、ダイエット効果がありました。
弟は体重はかなり重くて100キロ近くあったのですが、今は10キロほど痩せて、さらに毎日毎日痩せていっているらしいです。
昼と夜の食事量は以前と変わっていないのに、朝のスムージーだけでここまで痩せれるとは本人もびっくりしています。

効果③:肩こりなどが改善された

肩こりや首がいつも痛いと言っていた弟は、それも改善されたようです。
おそらくスムージーによって栄養を摂るようになって血行も良くなったのだと思います。

効果④:体が軽くなり様々な不調が改善された

弟は太っているので、片頭痛以外にも疲れやすかったり、睡眠不足になったりと色々な体の不調がありました。
しかしこのスムージーを飲むようになってから風邪を引かなくなったり、体が軽やかになったりと色々な不調が消えていっているみたいです。

片頭痛は本当に治った

この万能ジュースを教えてくれたこの本に感謝をしなくてはいけません。

片頭痛は治らない体質だと信じ込んでいる人が多い中、この本は常識を覆してくれたと思います。

弟のひどい片頭痛は万能ジュースによって解消され、仕事も能率よく行うことができています。

片頭痛の原因は様々で、一見因果関係が曖昧に思われることでもそれが引き金になっていることもあります。

朝のジュース1つで人生が変わるほど片頭痛がなくなるなら、迷わず試すべきだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です