腸に穴が空く『リーキーガット症候群(腸もれ)』の原因や確実な治療方法

リーキー(漏れる)ガット(腸)症候群とは、腸に無数の穴が空き、その穴から腸内細菌が逃げ出したりウイルスが体内に漏れだして、様々な体調不良を招くという病気です。

生活習慣が悪化し、食生活がひどくなっている現代人はほとんどの人が原因不明の体調不良を抱えています。

そういった原因を突き止められない不調というのは腸に穴が空いているせいかもしれません。

腸に穴・・と聞くとちょっと怖いかもしれませんが、日本人のほとんどの人にこの症状があると言われています。

早く手を打たないと取り返しのつかない重い病気になったり、今の症状が慢性化してしまいます。

どのようにして腸に穴が空くのか?

腸に穴が空くのは、腸内環境が乱れることが原因です。

腸内には大きく分けると善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌(強い方の味方)という菌が存在します。

そして腸内は善玉菌か悪玉菌どちらか一方に割合を占められています。

善玉菌が多ければなんの問題もないのですが、腸内が悪玉菌優勢になっていると色々な問題が出てきます。

善玉菌は腸内を守る役割をしているのですが、悪玉菌の多くは腐敗菌と言って腸内を腐敗させる細菌になります。

腐敗が進むと有毒なガス(活性酸素など)を発生させ腸壁や腸の粘膜、細胞を傷つけて腸に穴を空けてしまいます。

さらに腸の粘膜細胞を生成させているのは腸内細菌なので、腸内細菌が減ってしまうとその役割が果たされず、腸に穴が空きやすくなってしまいます。

これが腸漏れの主な原因で、簡単に言うと悪玉菌が増えたり、腸内細菌が減ってしまうと腸に穴が空くというわけです。

腸に穴を空ける生活習慣

腸に穴を空ける原因は主に食生活です。

食生活が健全でない場合、腸はすぐに悪玉菌で溢れかえってしまいます。

ファーストフードや加工食品が一般化して便利な食生活になったものの、それと引き換えに体調を崩し病気になる人が増えたのは腸内細菌が減り体の免疫力が著しく低下したからなのです。

腸漏れ原因①「食物繊維不足」

現代病と呼ばれる最近になって急増した病気は食物繊維の摂取量が減ったことに起因していると考えられています。

戦後間もない日本人の食物繊維の摂取量は平均で1日27g摂取していたのに対し、現在は12gしか摂れていないので驚きです。

食物繊維は善玉菌にとっての最高のご馳走であり、善玉菌を増やして腸を活発にする働きがあります。

食物繊維の摂取を怠ると、腸内細菌(善玉菌)が減ってしまい腸が無防備になってしまい私たちの免疫力は下がってしまいます。

また、食物繊維は腸壁の細胞のエネルギー源にもなっているので不足すると腸壁のバリア機能が低下して腸に穴が空きやすくなってしまうのです。

腸漏れ原因②「添加物の摂取」

添加物の中で最も腸内細菌が影響を受けるのは保存料防腐剤着色料です。

加工食品には必ずと言ってもいいほど入っている添加物になりますが、これらは殺菌力が強すぎて体内に入ると腸内細菌を殺してしまいます。

実験ではごくわずかの保存料でも腸内細菌が殺菌されてしまうことがわかっています。

腸漏れ原因③「糖質の摂取」

砂糖や小麦、コメなどの糖質が胃に入ると胃の働きを止めてしまうことがあります。(糖反射)

胃の働きが停止すると、消化されていない食べ物が腸まで届き、善玉菌は消化の手伝いをしなければいけなくなります。

善玉菌は疲弊して数が減ってしまいます。

一方、悪玉菌にとって糖質や消化不良の食べ物は大事な餌となるので、盛り盛り食べて自分たちを増殖させます。

糖質の摂取が多い現代人は腸内環境を乱れさせる食生活ばかり送っているということです。

腸漏れ原因④「活性酸素の大量発生」

私たちは生きているだけで体内で活性酸素が発生するのですが、この活性酸素は腸壁の粘膜をサビつかせます。

腸壁が錆び付くと、細胞が脆くなり腸に穴が空いてしまいます。

活性酸素は糖質や添加物、肉の過剰摂取、ストレスなどでも発生します。

活性酸素をやっつける抗酸化物質の多い食べ物を食べなくなっているのも、腸もれを引き起こす原因になっています。

腸漏れ原因⑤「ストレスホルモンの放出」

ストレスが体によくないというのは誰もが知っていることですが、ストレスによって腸に穴が空くのはご存知でしょうか。

ストレスを感じると、腸内でカテコラミンというホルモンが放出されます。

このカテコラミンは悪玉菌やその他病原菌を繁殖させる性質を持っています。

これにより腸が弱まり免疫力が低下し、腸内は荒れ果ててしまいます。

ストレスをためると腸を直接的に傷みつけるのです。

腸漏れ原因⑥「抗生物質の摂取」

抗生物質は感染症を治療するために作られた薬で、非常に強い抗菌力を持っています。

異常繁殖してしまった病原菌をやっつけることには効果的なのですが、抗生物質は腸内細菌も一緒に殺してしまうというデメリットがあります。

抗生物質は細菌を死滅させてしまうので、常用すると免疫力が低下していき、逆に病気がちになっていくという負のスパイラルが起こります。

ちょっと風邪を引いた程度で抗生物質を飲むのはかなり危険です。

免疫力が低下すると腸に穴を空けてしまいますよ。

腸の穴を塞ぐ!リーキーガット症候群の治療法とは?

腸の穴を塞ぐために病院に行ったり、薬を飲む必要はありません。

腸内環境は自分の生活習慣が原因となっているので、腸の穴も生活習慣で塞ぐことができます。

むしろ、ここを改善しないことにはいくら医学の力を借りたとしても根本的な解決にはならずに、一時的な抑制にしかなりません。

毎日の生活習慣を見直すことが腸漏れを治し、腸内環境を整えていくことになります。

まず、腸の穴を塞ぐには善玉菌を多くして、正常な腸内環境を作らなければいけません。

善玉菌は腸壁を修復していってくれるので、善玉菌を増やすことが腸漏れを治療する唯一の方法なのです。

「脱!リーキーガット症候群」の食生活

一番大事なことは食生活の改善です。

私たちが摂る食事は腸内細菌たちが活動するための大事なエネルギー源なので食べ物が最も大事です。

食事は自分が食べたいものではなく、腸内細菌が食べたいものを食べるようにしてください。

⭕️ 食べた方がいいもの

食物繊維:善玉菌の餌は食物繊維です。これを積極的に食べることで善玉菌が繁殖します。さらに食物繊維は腐敗物を絡め取って排泄させる役割もあるので悪玉菌の増殖も抑えることができます。
昆布、わかめ、納豆、ごぼう、里芋、にんじん、にんにく、梅干し、かんぴょう、エシャロット、山芋、里芋、めかぶ、おくら、モロヘイヤ、しめじ、えのき、しいたけ、切り干し大根、おから、こんにゃくなど)

発酵食品:腸内は常に弱酸性の環境が理想で、弱酸性は善玉菌が住みやすく悪玉菌が住みにくい環境なのです。発酵食品を食べると腸内が酸性に傾き、活性酸素の発生を抑制します。
味噌、納豆、醤油、本みりん、醸造酢、キムチ、漬物、ピクルス、ザワークラウトなど)

抗酸化食品:悪玉菌が多くなると腐敗が進んで活性酸素が発生し、酸化が進みます。この活性酸素を抑える働きのある抗酸化力の高い食品を摂取すると腸内の酸化を防止します。
トマト、アボカド、バナナ、にんにく、生姜、ウコン、シナモン、ブルーベリー、イソフラボン、緑茶、モロヘイヤ、ブロッコリー、小松菜、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草など)

良質な油:実は細胞のほとんどは油でできています。なので良質な油は腸内の細胞修復にも役立ち、炎症を防ぐ働きもあります。油は酸化しやすいので基本的には加熱しないで生で摂ることをおすすめします。
※油についての詳しい記事はこちら「どの油は食べていいの?体に栄養となる「いい油」と体に猛毒となる「悪い油」
亜麻仁油、えごま油、サバ、アジ、サンマ、イワシ、EXバージンオリーブオイル、バター

❌ 食べない方がいいもの

加工食品:スーパーなどに売っている加工食品は全てNGです。加工食品は日持ちや味をよくするために添加物が大量に使われています。スーパーでは生鮮食品以外は買わないことにするのが無難です。
ウインナー、ハム、ベーコンたらこ、レトルト食品、ドレッシング、マヨネーズ、調味液類、お菓子、お惣菜など

糖質:糖質とは主に小麦、砂糖、米です。これらは原型から栄養素を剥ぎ取り、ブドウ糖の純度を高めただけの食材です。胃では消化不良となるので腸内で悪玉菌の餌となり悪玉菌が繁殖します。とくに小麦や砂糖は栄養素がほぼ皆無なので一切摂らないようにすることをおすすめします。
※糖質についての詳しい記事はこちら「まずは主食の概念を捨てろ!糖質は食べるな危険!理由4つ
食パン、フランスパン、中華麺、パスタ、白米、そば、うどん、そうめん、じゃがいも、片栗粉、シリアル、洋菓子、ジュースなど)

粗悪な油:良質な油は細胞を活性化させますが、粗悪な油は腸内ばかりか体内中で炎症を起こします。中でもトランス脂肪酸を含んだ油は摂取すると細胞に吸収され細胞がどんどん酸化してボロボロになってしまいます。トランス脂肪酸ばかり摂取していると遅かれ早かれ腸に穴を空けるでしょう。また、安い油は遺伝子組換え食品から抽出した油になります。
※トランス脂肪酸についての詳しい記事はこちら「早死にしたい時におすすめ!『マーガリン』『ショートニング』はトランス脂肪酸含有率1位!別名プラスチック油
ショートニング、マーガリン、ファットスプレッド、サラダ油、植物油または植物油脂、コーン油、ひまわり油、キャノーラ油、大豆油など)

高脂肪・高タンパク食品:肉や魚などの高脂肪高タンパクな食品は悪玉菌の餌になります。こういう食品は消化が悪いのでダイレクトに腸まで届きそのまま悪玉菌が餌とするのです。しかし肉や魚は体に大事な栄養素でもあるので一切食べないのも体に悪いです。摂取量は適度に抑えて食べ過ぎてはいけない食品だという認識で結構です。
牛ばら肉、サーロイン、豚バラ肉、サラミ、アンコウの肝、魚の脂身、生クリーム、チーズ、バターなど)

食べるべき食材と食べてはいけない食材を見極めて、腸内環境を整える食事を心がけてください。

食事を改善していきながら、毎回の便の状態も観察していってください。

腸内環境が整うと、便はバナナのように大きくて柔らかくなり、無臭になります。

これを一つの目安として食生活を改善していきましょう。

小麦は腸漏れを引き起こす最大の原因!?

グルテンフリーという言葉が流行ったように、小麦に含まれるグルテンも腸に穴を空ける有力な原因だと考えられています。

グルテンは人によってはかなり有害物質となり、様々なアレルギー反応を引き起こします。

ブドウ糖たっぷりのアレルギー物質である小麦は一切摂らないようにするというのが賢い選択かもしれません。

次の記事>>
【一流は小麦を食べない】小麦は腸に穴をあけ、体や脳に炎症を起こす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です