ジェルネイルで手と爪がヨボヨボに老化する!UVライト・LEDどっちもダメだしとにかく危険

ネイルサロンに行くたびに、いつも疑問に思っていることがありました。

それは、

「ネイリストさんの手って、無惨なほど汚ねー!!!」

ってことです。

まぁそもそもネイリストさんは毎日何時間も化学物質と触れているため、手が綺麗なわけありませんよね。

私も学生の頃はサロンでジェルネイルをやっていましたが、今考えると恐ろしくてたまりません。

ジェルネイル断ちをしてみてよかったことなども踏まえて、ジェルネイルが手や爪を老化させる原因をお話していきたいと思います。

ジェルネイルは「日焼サロン」に行っているようなもの


ジェルネイル、またはスカルプなどはマニキュアと違って自然乾燥はしないで、UVライトによって液体を硬化します。

これによって均一な艶を出したり、デザイン性や持ちを良くすることができます。

しかしこのUVライトは、肌の奥の方にダメージを与えるUV-A(紫外線)です。

UV-Aはすぐに肌が黒くなる紫外線ではなく、ジワジワと真皮層を傷めつけシミやシワを作り出す紫外線になります。

さらに、一度ジェルネイル経験がある人ならわかると思いますが、UVライトは何回も何回も照射されます。

その度に手を日焼けし、手の老化を進めているのです。

LEDライトも危険


従来のジェルネイルというのはずっとUVライトしか使ってきませんでしたが、近年はLEDライトを使うサロンも増えてきました。

LEDライトの特徴としては、照射が非常に短くジェルがすぐに固まるという利点があります。

LEDライトは紫外線じゃないから安全でしょ?と思っている人がいますが、LEDライトも全く安全ではありません。

LEDライトは確かに紫外線ではないので手の皮膚自体への影響は少ないですが、爪にかなりの負担をかけています。

ジェルネイルにはUVライト用のジェルとLEDライト用のジェルがあります。

このLEDライト用のジェルが非常に危険で、早く固まる分、爪のタンパク質を溶かす有害物質が入っています。

さらに、固まった後もその有害物質が爪に溶け出し、爪はみるみるうちに傷んでいきます。

ジェルネイルは自爪を削るから爪がどんどん弱っていく

ジェルネイルは爪の表面を均一にして、ジェルが綺麗に発色するように爪の表面を削ります。

これは自爪がどんどん薄くなってくるので有害物質も皮膚まで浸透しやすくなってしまいます。

なので化学物質過敏症の人はジェルネイルをするとすぐにアレルギー症状が表れると思われます。

ジェルネイルは落とす時も皮膚や爪に負担がかかる


ジェルネイルはする時はもちろん、した後も負担をかけます。

そして負担度が最も高いと言えるのが落とす時」です。

爪が伸びてきたり、アートに飽きてしまった時はジェルネイルをサロンに落としに行くかと思います。

ジェルネイルは持ちのいいネイルアートなので、マニキュアのようにちょっとやそっとじゃ落ちてはくれません。

ジェルネイル用のリムーバーは、「アセトン」という危険な物質がマニキュア用のものをはるかに超える量が入っています。

さらにアセトンのリムーバーをコットンにつけて擦るだけでは全然落ちません。

アセトンをヒタヒタに浸したコットンを爪に巻きつけジェルと馴染むまで放置します。

その間は爪だけでなく皮膚にまで化学物質が入り込み、皮膚や爪を傷めつけます。

アセトンは油分を取り除く性質があるので、手が非常に乾燥しやすくなります。

時々、サロンにオフに行くのが面倒な人は自分でガリガリとジェルをひん剥く人がいますが、これも同様爪への負担がはんぱじゃありません。

自爪も一緒に剥がれたり、二枚爪になったり、爪がさらに弱くなりヒビが入りやすくなることもあります。

一度ジェルを落としたら、またジェルネイルをしなければいけなくなる


一度ジェルネイルをやったら、かなりの確率でジェルネイルを繰り返すことになります。

なぜなら、ジェルネイルを落とした後の爪は見るも無惨な姿になっているからです。

爪がかけていたり、ボコボコになっていたり、変色していたり・・とにかく自爪が汚すぎてジェルネイルで隠さないと歩けないほどです。

このある意味悪循環なジェルネイルはやればやるほど爪と皮膚が死んでいきます。

おしゃれを楽しみたい気持ちは重々にわかりますが、将来ヨボヨボの手にならないようにジェルネイルは控えた方が良さそうな気がします。

爪にも理想的な水分量がある

肌にも理想的な水分量があるように、爪にもあります。

爪の理想的な水分量は12〜16%です。

肌が40%と言われているので、ああ見えて爪も結構な水分量がなくてはいけないのですね。

爪に水分量が足りていると、弾力やツヤが出て爪の強度も強くなりますが、ジェルネイルを繰り返している爪は水分量がなくなり、爪は乾燥して爪が脆くなってしまいます。

自爪が汚いと手が老けて見えるので、自爪を綺麗に保つのは案外重要なことなんですよ。

手は年齢が出る部位とされているので、若いうちから手や爪に負担をかけていると歳をとってから老けてみられるようになってしまうかもしれません。

ジェルネイルをやめると爪が生き生きする


私がジェルネイルをやめたきっかけは、行きつけのサロンのネイリストさんがやめてしまったのがきっかけです。

そこからなんとなくネイルサロンに行かなくなり、ジェルネイルとはさっぱり縁がなくなってしまいました。

ジェルネイルをしていた頃の爪は変色していて、新しく生えてくる爪すらボコボコしているもので、親指の真ん中あたりがいつもへっこんでいたのを覚えています。

ジェルネイルをやめてから3年ほどが経ちますが、1年前くらいにやっとボコボコがなくなって綺麗な爪になりました。

爪も絶対に割れることもなく、色も良好です。

ちょっと時間はかかりますが、ジェルネイルをやめると明らかに爪が生き返ります。

乾燥もしにくくなるのでささくれなども減っていきます。

間違いなく時代は自爪の強化ですよ!

おしゃれも美容も両方手に入る安全なマニキュアを発見

ジェルネイルなどの派手なデコレーションは確かに可愛いですが服を選ぶし、なんと言っても飽きます。

昔はゴテゴテした長いネイルデザインが好きでしたが、年齢とともに自爪を活かしたシンプルネイルにハマり出しました。

爪が健康的な血色で、ツヤツヤしていると手も綺麗に見えてテンションが上がります。

自爪を整えてツヤを出すのもいいですが、すぐにツヤがなくなってしまうので私はマニキュアに頼っています。

そこで安全なマニキュアを探していたところ、胡粉ネイルという化学物質無添加に近いマニキュアを見つけました。

これのトップコートを塗って自爪を活かした綺麗なツヤを出して手元のおしゃれを楽しんでいます。

この胡粉ネイルは除光液いらずで、少しの除菌液(アルコール)だけで落とせるので落とす時の負担もありません。

さらに成分が「水(スチレン/アクリル酸/アルキル)、コポリマーNa、ホタテ貝殻、ジメチコン」というシンプルで比較的安全な成分になっています。

ホタテに含まれるミネラル成分が爪の保護をしてくれて、さらに通気性もいいので爪への負担が少ないのが嬉しいところです。

シンナーも入っていないので鼻をつんざく嫌な臭いもありません。

色の展開もあるので器用ならネイルアートも楽しめますよ。

ジェルネイルは危険なので、安全なマニキュアでおしゃれを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です