セルライトを半年で抹消させました!まずは原因を知って正しい食事とマッサージで解消しよう

下半身に多い、皮膚のボコボコ・・

見ているだけで嫌になるほど醜いですよね。

私は以前、太ももの裏がセルライトだらけでショートパンツを履けなくて悩んでいました。

でもセルライトって除去するのがかなり難しいと言われているので、半ば諦めていたのですが、どうしてもセルライトをなくしてショートパンツを履きたいと思い、セルライトについてたくさん調べることにしました。

現在はその甲斐あって、エステにもサロンにも頼らずに自分の努力だけでセルライトを解消することに成功しました。

今は皮膚をギューと絞ってもセルライトはなかなか見えません。

今回紹介するセルライトの解消方法を試して、約半年ほどでセルライトはなくなりました。

下半身太りやセルライトを解消したい人はこの記事を読まなきゃ一生損すると思いますよ!

【1】セルライトの正体とは一体何?

セルライトのほとんどは脂肪でできています。

しかしセルライトは普通の脂肪ではなくダメージを受けた脂肪組織です。

どんなに痩せている人でも皮膚のすぐ下に、脂肪を貯蓄しておく脂肪細胞というものががあります。

この脂肪細胞で構成された組織を脂肪組織と呼びます。

セルライトとは、この脂肪組織が肥大して膨れ上がったボコボコのことを指します。

【2】セルライトができる原因

脂肪組織がなぜ肥大するのかというと、血行が悪くなり余分な脂肪や老廃物、水分などがうまく循環されずに組織内に滞留してしまうからなのです。

本来、脂肪や老廃物、水分などは血液やリンパ液によって運ばれ、排泄または消費されます。

しかし血行不良やリンパ管が詰まっていると、脂肪細胞は栄養をもらえず、さらに悪いものがずっと放出できずにパンパンになってしまいます。

肥大化したこれら脂肪組織がセルライトへと変貌するというわけです。

つまりは血行不良こそがセルライトができる原因なのです。

血行不良になる原因は様々ですが、以下のような生活要因が考えられます。

【3】セルライトができる食生活による原因

① スナック菓子をよく食べる

これらには多くの油や砂糖、塩分などが使用されています。

もちろんそれらには一切栄養素と呼べるものが入っていないので食べたものはすべて無駄な脂肪へと蓄積されます。

スナック菓子を食べている以上、セルライトを解消することはできません。

② 野菜や果物をあまり食べない

野菜や果物などに含まれる栄養素は、代謝機能を活発にする役割のあるものばかりです。

とくにビタミンやミネラルを摂取していないと代謝が落ちて脂肪や水分を排泄することができなくなってしまいます。

③ 甘いものが大好き

糖分は甘いものに多く含まれていますが、1日に絶対甘味を欲する人は血糖値が上昇しやすく、余った血糖が脂肪細胞に運ばれます。

血糖値の上昇を繰り返すと、その度に脂肪細胞が膨れ上がり脂肪組織も大きくなってしまいます。

④ 加工食品をよく食べる

ソーセージやハム、チーズ、レトルト食品などをはじめとした加工食品は非常に多くの添加物と塩分が入っています。

添加物が体内に入ると解毒をするために体中の栄養素を消費するので、排泄(代謝機能)が一気に低下してしまいます。

排泄が行われないと、脂肪組織に老廃物がずっと溜まったままになってしまいます。

さらにこれら添加物には中毒性があるので、お腹がいっぱいでも食べられてしまう怖い食品なのです。

⑤ アルコールをよく摂取する

アルコールを摂取すると、そのアルコールを分解するのにビタミンやミネラルが大量に消費されます。

これらビタミン、ミネラルは脂肪組織から老廃物を流す時に使われる栄養素で、これらが不足していると排泄しにくい体になってしまいます。

⑥ 濃い味が好き、しょっぱいものをよく食べる

濃い味のものには塩分(塩化ナトリウム)が多く含まれています。

ナトリウムはカリウムとセットで体内で機能しまうが、ナトリウムに対してカリウムが不足すると、代わりに水分を使うようになります。

大量のナトリウムや水分が一緒に血中に入り込むと毛細血管に負担がかかり溢れてしまいます。

漏れた水分が脂肪組織に入って肥大化してしまいます。

⑦ カリウムはほとんど食べない

カリウムとは野菜やきのこ類、海藻類、大豆類に多く含まれますが、これらの摂取が極端に少ない場合は、体内がナトリウム過多になっているので、水分をうまく排泄できません。

ナトリウムよりもカリウムの摂取を多くしないと脂肪組織がパンパンに膨れ上がります。

セルライトができる食生活以外の原因

食生活以外の原因でも、直接リンパや血管を損傷して血液や水分の流れを止めてしまうものがあります。

リンパ排液の阻害原因

  • きつい下着や服を着ている
  • 姿勢が悪い
  • 運動をほとんどしない、または歩かない

血液は内臓のポンプによって流れますが、リンパは外からの圧力によって流れます。

なので締め付けなどの圧迫や、運動不足による筋肉の弛緩がない場合はリンパを流す圧力機能がおかしくなってリンパ液が流れにくくなってしまい、老廃物が排泄されなくなってしまいます。

直接血管を損傷させる原因

  • タバコを吸っている、または吸う人とよく一緒にいる
  • カフェインを過剰に摂取している
  • 長時間座っていることが多い

タバコを吸うと血管が劣化し傷つき、血液の流れを悪くしてしまいます。

カフェインの過剰摂取をしていると、血管が収縮と拡大を繰り返し血管に負担を与えます。

長時間座ることで血の巡りが悪くなり、血管が膨張して負担をかけます。

いずれも血管を傷つける行為なので、結果血流が悪くなったり、血管から血液など脂肪組織に漏れてしまうことになります。

セルライトはなぜ女性にできやすいのか?

セルライトは男性にはほとんど見られることはなく、女性にできやすいのも特徴の一つです。

なぜなら女性は、女性ホルモンの関係で水分を貯蓄しやすい体になっているので、余分な水、油、老廃物が脂肪組織に溜まりやすいのです。

さらにセルライトは肥満だからできるわけではなく、痩せている人にもできるという特徴もあります。

ここで、セルライトと一般的な脂肪の違いを知っておきましょう。

セルライトと脂肪の違い

セルライト 脂肪
生活要因 冷え、塩分過多、カリウム不足など 食べ過ぎ、運動不足
男女 女性に多い 男女にみられる
できる部位 太もも、お尻、おなか 全身
できる箇所 表皮に近い部分のみ 皮下、内臓まわり
どんな人 痩せてる人にもある 肥満と比例
改善余地 非常に治りにくい 食事と運動で改善可能

このようにセルライトと脂肪は全くの別物で、できる原因も違うということがわかったと思います。

しかも脂肪を落とすのは比較的簡単ですが、セルライトになると解消するのが非常に厄介です。

【4】あなたはどれ?3つのセルライトレベル

実はセルライトにはレベルがあり、軽度であれば生活習慣で解消することができ、特別な治療はいりませんが、セルライトが重症な場合は自分での解消が困難になってきます。

しかし必ず解消方法はあるので、まずは自分がどのくらいのレベルのセルライトなのか確認をしてください。

1. ひねると出るボコボコセルライト

セルライトレベル初期段階、放っておくとすぐに悪化する。

普通にしているとセルライトは確認できないが、皮膚をひねるとボコボコが現れるのはセルライトの初期段階です。

皮膚の結合組織が破壊され始めているので間も無くセルライトが目立っていくでしょう。

2. ひねってなくてもボコボコがあるオレンジピールスキン

セルライトレベルなくなりにくく、なくなるのにも時間がかかる。

ちなみに私はこれでした!

その名の通り、オレンジのようなボコボコ肌です。

皮膚をひねらなくてもセルライトが確認できるのであればこのオレンジピールスキンです。

水分の処理機能が完全に機能しなくなった状態になります。

時間はかかりますが私の場合は半年で全くセルライトが見えなくなりました。

3. 波をうったようなセルライトのマットレススキン

セルライトレベル非常になくなりにくく、自分の手には負えない。

これはかなり重症です。

若い人には少ないかもしれませんが、中年くらいのおばさんで、さらに太っている人に多く見られる症状です。

ただのボコボコではなく皮膚全体をマットレスが巻きついたようになるのが特徴です。

血液の循環が悪くなっているので皮膚を触ると冷たく感じます。

これは見た目だけの問題ではなく、様々な病気も引き起こすので直ちに改善をおすすめします。

【5】自宅だけでできるセイルライトを除去する3つの方法

1と2は生活習慣の改善とマッサージで解消することができますが、3になっている場合は自分の力ではどうにもなりません。

これはセルライト専門のサロンで専用器具を使って治療をするしか方法はありません。

しかし、これ以上セルライトを悪化させないために以下の方法は誰もが試すことなので必ず実践してください。

方法は3つです。

  1. 食生活の改善
  2. ウォーキング
  3. アロママッサージ

① セルライトを解消する食生活

セルライトは脂肪組織の肥大によるものなので、脂肪組織をこれ以上大きくしない、そして脂肪組織を小さくしていくことが重要です。

糖質を摂りすぎて血糖値の上昇を繰り返していると、必ず脂肪細胞は大きくなっていきます。

なのでまずは糖質の摂取量を減らしていってください。

そして食物繊維を十分に摂取して、血糖値をコントロールし、排泄を促してください。

あとは先ほどセルライトの原因になっていた食生活はシャットアウトしましょう。

さらに、脂肪組織の水分を流せるように、1日に2リットルの水は摂取するようにしてください。

そしてセルライトを解消する上で一番大事なことは、余分な水分や老廃物を出すことです。

体に水分を滞留させてしまうことはカリウムの摂取によって回避することができます。

カリウムはデトックス作用のあるミネラルです。

意識的にカリウムを摂取しないと、体内は塩分(ナトリウム)濃度が高くなって脂肪組織が肥大してしまいます。

カリウムを多く含む食品
海藻類、あずき、かぼちゃ、アスパラ、きゅうり、セロリ、すいか、りんご、グレープフルーツなど

② セルライトを解消するウォーキング

本来はセルライトを解消するにはエクササイズが有効なのですが、長続きしない人が多いので、手始めにウォーキングをしてみてください。

食べた後20分以上歩くようにすると、脂肪細胞の脂肪がエネルギーとなって放出されるので脂肪細胞を小さくすることができます。

大事なのは続けることなので、まずは毎日20分以上歩くことを習慣にしてください。

歩くことが習慣になったら、次は家でできるセルライト解消のエクササイズをしてください。

やり方は別記事にまとめました。
>>「  」

どうしてもエクササイズやウォーキングが続かない場合は、ヨガに通うこともおすすめです。

ヨガは普段使わない筋肉を動かしてくれたり、姿勢の矯正もでき、セルライト解消に適した有酸素運動になります。

週に何回か通うだけでも血流が良くなりセルライトが和らいでいきますよ。

③ セルライトを解消するアロママッサージ

セルライトがひどい場合には①と②だけでは限界があります。

セルライトにダイレクトに効いてくれるのがこのマッサージです。

セルライトは血液とリンパの流れが悪くなることで悪化します。

マッサージはどちらかというと、リンパの流れをよくする効果があります。

マッサージは直接患部に触れながらリンパ液を流していくので、かなり即効性が早いです。

しかし、やみくもにマッサージを行えばいいのかというとそうではありません。

リンパの流れは方向や強さ、順番などが正しくないとマッサージの意味をなしません。

少し難しいかもしれませんが、セルライトを除去するマッサージ方法を別記事にまとめたのでこちらを読んで見てください。
>>「  」

セルライトのできる部位でも解消のしやすさが違う

さらに部位別でもセルライトの特徴が変わります。

部位によって改善速度も違うのでその辺も頭に入れておきましょう。

しかしセルライトの解消方法自体はどれも同じです。

① 太ももの裏や外側・お尻まわりのセルライト

多くの人はおそらくこの部位にセルライトが多いのではないでしょうか?

しかし少し安心してください。

あとで説明しているセルライトの解消方法を適用すると一番効果が早く現れるのがこの部位とされています。

② 太ももの前側のセルライト

この部分のセルライトはすごく扱いにくく、間違ったストレッチやダイエット、マッサージなどで容易に悪化させることができちゃうからです。

改善にはそうとう時間がかかるので覚悟が必要です。

③ ひざのセルライト

この部位のセルライトは、ホルモンバランスが大きく関係している場合が多いです。

妊娠やピルの使用などホルモン療法などを受けている人はひざにセルライトができやすいのです。

解消するにはかなりの時間を要します。

④ ふくらはぎ・足首のセルライト

ここにセルライトがある場合、太ももやお尻にもセルライトがある場合が多いのです。

太ももにアプローチした解消方法だけで、ふくらはぎや足首なども同時に改善していきます。

逆に太ももやお尻にセルライトがないのにふくらはぎ・足首にセルライトができている場合は単純に水分が重力によって溜まってしまっているパターンが多いのです。

セルライトを解消する方法まとめ

食生活を改善する

  • カリウムを食べ物からたくさん摂取する
  • 水をこまめに1日2リットルは摂取する
  • お菓子、加工食品は一切食べない
  • とにかく野菜を多く食べる

 

その他

  • 食後は20分以上歩いて脂肪細胞を小さくする
  • できればエクササイズをする
  • きつい下着はつけずに、なるべく締め付けをなくす
  • 禁煙する、またはタバコを吸っている人に近寄らない
  • カフェインは嗜む程度におさえる
  • 正しいマッサージを行う

これらを諦めずに毎日続けてください。

半年後にはあなたのセルライトは消えていることでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です